店主が感動した原口久子先生の本をご紹介します。
子供から大人まで楽しめる本です。


原口先生が子供の時のことをもとに描いた七編の物語を一冊にまとめたものです。
この本には、物語の舞台である旧梅園村黒山地区(現在の越生町)の当時の様子が鮮明に描かれています。幼いときに母親を亡くした主人公百合の切ない思い、百合をとりまく人々の温かさが伝わってきます。時代はだいぶ前のことですが、現代の子供達が読んでも、タイムスリップしたかのように物語の中に引き込まれていくことでしょう。

著者 原口久子
・東京生まれ。6歳から越生町(旧梅園村黒山)で育つ
・小学校教員を退職、現在に至る