とうふ工房わたなべ

とうふ工房わたなべ

令和2年度産大豆の検査が行なわれています

令和2年度産大豆の検査が、各農協さんで行われています。
昨年は7月の長雨があり種まきに苦労された地域が多かった為、心配していましたが、思った以上の収穫量がありました。
大切に使わせて頂きます。


熊谷江南地区大豆検査

2021年1月29日、熊谷江南地区の大豆検査が行われました。収穫量は去年と変わりませんでしたが、今年は2等が8割となり、農家さんも喜びが隠しきれない様子でした。半年間手間を掛けた大豆がいい成績を頂けたということは嬉しいですよね。


大豆検査

鳩山町大豆検査 2回目

2021年1月20日、鳩山町の2回目の大豆検査が行われました。青山在来のみの検査でした。今年は収穫量も増え大粒中粒全て三等を頂けたようです。今年は青山在来の数が揃いそうなので『霜里シリーズ』を復活させようと思います。霜里納豆も今月末には復活出来そうです。


大豆検査

らんざん営農さん検査

2021年1月15日、らんざん営農さんの大豆検査が行われました。埼玉県奨励品種『里のほほえみ』や『秩父在来借金なし』・『青山在来』が並んでおり、昨年よりも収穫量が多かった様で安心しました。


大豆検査

鳩山町大豆検査

2020年12月23日、令和2年産大豆の検査が行われました。
須江・大豆戸地区から収穫された『白光』『里のほほえみ』が並びました。どちらも粒が大きく選別もよく出来ていて綺麗でした。『白光』は鳩山納豆に、そして『里のほほえみ』はお豆腐に使わせて頂きます。


大豆検査

大豆検査

小川町大豆検査

2020年12月22日、令和2年産大豆の検査が小川町農協で行われました。
大豆は全て地元の『青山在来』。今年は7月の長雨があり種まきに苦労された地域が多かった中、小川町では中粒が多かったものの選別も良く、思った以上の収穫が出来て良かったです。
来年は今年作れなかった霜里もめんやざる・おぼろも通年販売できると良いなと思っています。


大豆検査

大豆検査

<< 前のページに戻る