姥樫(ウバッカシ)

和名はアカガシ(赤樫)。ブナ科の常緑高木で、比較的暖かい地方の山地に多い。地元では古くからウバッカシと呼ばれてきた。姥のような老樹という意味らしい。
幹は大きくねじれることで、より頑丈さを増している。イチイガシの巨木は多いが、アカガシでこれほどのものは、全国的に見ても希少である。
※幹周6.58m(2002年計測)
  解説板より
場所 ときがわ町椚平
 172号線を白石峠方面へむかい慈光寺入口を左折、椚平方面へ。
 大木戸を左折林道へ進み「案内」で下車。徒歩13分。

この案内が目印。
近くに駐車して歩きます。

この先の坂は滑ります。要注意!

釣舟草(ツリフネソウ)
途中こんなに可愛い花がありました。
8〜9月湿気の多い渓流沿いに生えます。

マムシ草(マムシグサ)の実
秋が深まると赤く色づきます。
5月に特徴のある花をつけます。
その花のまだら模様がマムシに
似ていることからこの名前がつきました。

案内に従って進むと・・・見えて来ました!
杉林の中に周囲の木とは違う何かが・・・

近づくと何という迫力! 木全体が大きくねじれています。


下はかなり急な斜面です。

姥樫約30mの案内を真っ直ぐ進むと、
ときがわの七滝の一つがあります。


巨木の名称 幹周 樹齢
@ 姥樫(ウバッカシ) 6.85 推定500年
A 越沢稲荷の大杉 6.05 推定400年
B 萩日吉神社の児持杉 8.89 推定800年
C 西平の大カヤ 6.60 推定1000年
D 大附日枝神社の大欅 6.70 推定700年
E 関堀の銀杏 9.00 推定1200年
 レシピ検索No.1 料理レシピ載せるなら クックパッド
工房のご案内 / 商品情報 / 有機農業について / 工房周辺のご案内 / スタッフ募集 / 会社概要 / アクセス / 個人情報保護方針 / お問い合わせ / リンク 

〒355-0354 埼玉県比企郡ときがわ町大字番匠372
   Tel 0493-65-0070 / Fax 0493-65-0090
有限会社 とうふ工房わたなべ


COPYRIGHT(C) TOFUKOBOWATANABE ALL RIGHTS RESERVED