美しい自然に囲まれたとうふ工房わたなべ。
山を彩る木々、四季折々の花、そしてそこに暮らす人々のぬくもり・・・
都心から60分の山里の『店主おすすめスポット』をご紹介します。

 都幾川町立萩ヶ丘小学校

地元の豊富な森林資源を活用して建築された木の香りのする木造校舎です。

平成16年3月31日で閉校した山間部の「大椚第一小」と「大椚第二小」を統合する形で「平小学校」となり、その後「萩ヶ丘小学校」と改名されました。

【住所】ときがわ町大字西平1153番地
    172号線を白石峠方面へ向かい「慈光寺入り口」を左折


 萩日吉神社

萩日吉神社は小さな村の鎮守様。児持杉と流鏑馬が有名です。
男杉と女杉が寄り添ってあり、さらに20数本に枝分かれしています。
子宝と安産祈願の信仰が古くからあったようです。
流鏑馬は3年に一度、1月15日に行われています。


【住所】ときがわ町大字西平
    172号線を白石峠方面へ向かい「慈光寺入り口」を左折



 大木戸

山道の途中に大木戸が現れます。戦国時代に街道を監視するためおかれていたという言い伝えをもとに再現されたものです。


【場所】172号線を白石峠方面へ向かい「慈光寺入り口」を左折 車で約8分
【大木戸の由来】南方にそびえる大築山に戦国時代、松山城主上田朝直が出城を築いたといわれ、防備のための空堀や郭跡などがいまも残っています。当時この街道を往来する者を監視するため、大木戸がおかれたと伝わっています。



 シュウカイドウ群生地

スギ林にシュウカイドウが一面に繁茂しています。ピンクの花とスギの木立がとても美しい景観をつくっています。


【場所】172号線を白石峠方面へ向かい「慈光寺入り口」を左折車で約10分
【シュウカイドウ】シュウカイドウ科ベコニア属。秋海棠。野や日陰となる湿地に生育。花期9〜10月。中国からマレーシアの原産で江戸時代初期に渡来し、いまでは各地に野生化しています。
 

 ときがわの小物屋さん

都幾川沿いの古民家で自然素材の小物を売っている『ときがわの小物屋さん』。上尾で喫茶店を経営していた川崎さんがときがわの自然に魅せられこのお店を始めたのは5年前。3年前には、となりに『宅爺所』なるおじさん達の隠れ家をつくりました。
8時間かけて水出ししたコーヒーを飲みに来るお客様と、『宅爺所』の用務員である川崎さんと自然の中で遊びたい方々が集う素敵なお店です!6月には、目の前の川でたくさんのホタルが見られます。
詳細はこちらをご覧ください。


【住所】ときがわ町西平
【電話】090-1537-2144



 ときがわカヌー工房

ときがわでカヌーに乗れるってご存知でしたか?
ときがわカヌー工房では、オーナーの福田さん手造りのカヌーに乗って水上散歩が楽しめます。
詳細はこちらをご覧ください。


【住所】埼玉県比企郡ときがわ町大字番匠304
【電話】090-3200-4179


 レシピ検索No.1 料理レシピ載せるなら クックパッド
工房のご案内 / 商品情報 / 有機農業について / 工房周辺のご案内 / スタッフ募集 / 会社概要 / アクセス / 個人情報保護方針 / お問い合わせ / リンク 

〒355-0354 埼玉県比企郡ときがわ町大字番匠372
   Tel 0493-65-0070 / Fax 0493-65-0090
有限会社 とうふ工房わたなべ


COPYRIGHT(C) TOFUKOBOWATANABE ALL RIGHTS RESERVED